一日1分?結婚式挨拶・スピーチ・朝礼等が苦手なあなたも精神的苦痛やストレスから97.8%解放できる名言!!

芸能人の名言や格言、戦国武将、幕末志士、アスリート、歴史人物、世界の偉人、日本の偉人の辞世句なでも紹介しますので、結婚式挨拶、朝礼スピーチな苦手な方でも、これを話すだけで凄い、話し上手と褒められること間違いなしです。どうぞ、このブログを参考にして、挨拶やスピーチを克服してください!また、ここで紹介する名言(格言)、句で、あなたの悩み、精神的負担が少しでも軽減されれば嬉しいです。

戦国武将 武田信玄の名言-「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」

★「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」の意味

人(信玄で言うところの家臣や民)は城と同じ、

人(信玄で言うところの家臣や民)は石垣と同じ、

人(信玄で言うところの家臣や民)は堀と同じ、

人(信玄で言うところの家臣や民)に情けをかけていれば自分がピンチとなった時や、何か行動を起こす時には助けてくれる、

でも、人(信玄で言うところの家臣や民)に恨みをかうような行動や言動をしていると、イザという時には動いてくれなかったり、裏切られたりする。

 現在風にすると、家族、友人、上司、部下、同僚などに、感謝の心を忘れず、行動や言動に気を付け、常日頃から優しく心のある接し方をしてれば、家族、友人、上司、部下、同僚などは城と同じように、また石垣と同じように、また堀と同じように、あなたを守ってくれるでしょう!!

 戦国武将の武田信玄が人心を掌握したように、あなたも家族、友人、上司、部下、同僚の心を掴みましょう!!

 

★戦国武将 武田信玄とは

f:id:kakugen-speech1:20171126105600j:plain

武田信玄(武田晴信)は、大永元年11月3日(1521年12月1日)に甲斐(現在の山梨県)にて、嫡男として産まれました。

父は信虎、母は大井夫人です。

父信虎は、甲斐を統一し、信濃(現在の長野県)に勢力を広げようと、人心や家臣の助言を顧みず、戦ばかりをしていました。

信玄はそんな父を、駿河(現在の静岡県)の今川家(今川義元:信玄の姉と結婚)に追放します。

父を追放した信玄は、信濃の諏訪を攻略します。

諏訪を手に入れた信玄は、諏訪頼重の娘(諏訪御料人)を側室に、後の武田勝頼が誕生します。

諏訪を手にした信玄は、信濃守護の小笠原長時、信濃国北部に勢力を誇る葛尾城主の村上義清を倒し、信濃を制圧します。

ただ、村上義清とは、上田原の戦い、砥石城の戦い(砥石崩れを言われる大敗)と二度負けています。

信濃を手中に収めた信玄は、いよいよ越後(現在の新潟県)に目を向けます。

越後制圧に力を入れるため、信玄の嫡男である義信の正室として今川義元の娘を迎え、相模(現在の東京都)の北条氏康の嫡男氏政に信玄の娘を嫁がせ、北條氏康の娘を今川氏真に嫁がせ、甲相駿三国同盟が成立します。

これで、後顧の憂いが無くなった信玄は、越後の長尾景虎(後の上杉謙信)と激突します。

川中島の戦いです。

川名島の戦いは、5度あったとされており、中でも4度目戦いでは、信玄の弟である信繁、軍師である山本勘助も戦死し、信玄と謙信が一騎打ちをしたとされています。

余談ですが、現在の川中島古戦場後には、信玄と謙信が一騎打ちをしてる銅像があります。

川中島の戦いの後信玄は、いよいよ西上(京都に上洛)することを決めます。

上洛を目指す武田信玄軍と、織田信長と徳川家康の連合軍が三方ヶ原(三方ヶ原の戦い)で激突し、武田信玄が勝利します。

しかし、ここで信玄の体調が悪化し、病没します。

享年53とされています。

 戦国最強の騎馬軍団を作ったさすがの武田信玄でも、病に勝てなかったんですね。

 

  

★信玄の軍旗 

「其疾如風 其徐如林 侵掠如火 不動如山」


(疾きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如く)です。

 これは、孫氏の兵法より引用したもので、安土桃山(戦国)時代、軍隊が移動するときは風のように速く、敵に近付く時や動く時は林のように静かに見破られにくく、攻撃するのは火のように勢い強く、待つ時は山のように動かないと言う意味です。

 行動する時は風のように素早く、林のように冷静に考え、攻める時は火のように攻め、動いてはダメな時は山のように動かないって、現在でも通じるように思います。

 武田信玄の軍旗商品を見つけました!!

 使うのはもったいない、部屋に飾ろう(^^♪

 画像をクリックすれば、大きな画像が見れて、更に詳細情報が見れますよ!

 

 

★武田二十四将

武田二十四将とは、武田信玄に仕えた武将のうち、後世に講談や軍記などで一般的な評価が特に高い24人をさして呼ばれるようになった、武田家家臣団の呼称です。

武田24将って、言いやすく、語呂が良いですよね。

戦国最強の騎馬軍団を指揮した武将達で、私も好きな武将が多いです。

特に真田幸隆が大好きです!

 

秋山信友、穴山信君、甘利虎泰、板垣信方、一条信龍

小畠虎盛、小幡昌盛、飯富虎昌、小山田信茂、高坂昌信

三枝守友、真田幸隆、真田信綱、武田信繁、武田信廉

多田満頼、土屋昌次、内藤昌豊、馬場信春、原虎胤

原昌胤、山県昌景、山本勘助、横田高松

 

 

最後に、この名言(格言)、句を、結婚式の挨拶、朝礼、昼礼、スピーチ、会議、雑談、豆知識、ちょっとした話に利用してください。

きっとスピーチが苦手な方でも、スムーズに話せ、相手の印象に残る挨拶となるはずです!

今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m