一日1分?結婚式挨拶・スピーチ・朝礼等が苦手なあなたも精神的苦痛やストレスから97.8%解放できる名言!!

芸能人の名言や格言、戦国武将、幕末志士、アスリート、歴史人物、世界の偉人、日本の偉人の辞世句なでも紹介しますので、結婚式挨拶、朝礼スピーチな苦手な方でも、これを話すだけで凄い、話し上手と褒められること間違いなしです。どうぞ、このブログを参考にして、挨拶やスピーチを克服してください!また、ここで紹介する名言(格言)、句で、あなたの悩み、精神的負担が少しでも軽減されれば嬉しいです。

幕末志士 高杉晋作の辞世句-「おもしろき こともなく世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」

★「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」の意味

 面白いことがない世の中だが、面白くするのは自分の心の持ち方(心掛け)だけだと、言っていると思います。

 実際、この辞世句は、高杉晋作が亡くなる数年前に読まれたとも言われています。

 ただ、下の句は、高杉晋作の死後、幕末の女流歌人である野村望東尼(のむらぼうとうに)が、付け加えたと言われています。

 私は、高杉晋作の生き方や、この辞世句が大好きです。

凄い、名言だと思います。

 自分の気持ちの持ち方ひとつで、毎日がハッピーに過ごせる。

 毎日嫌々、ドンヨリして過ごすより、気持ちだけで簡単に毎日が幸せになるなら、楽しく幸せに過ごせた方が良いと思いませんか!

あなたも、毎日の気持ちの持ち方を変え、毎日、面白く過ごしましょう!!

 こんな掛け軸と刀のフィギュアセットがあるなんて!

 歴史好きにはたまりませんなぁ~(^_-)-☆ 

 画像をクリックすれば、大きな画像が見れて、更に詳細情報が見れますよ!

 

★幕末志士 高杉晋作とは

 f:id:kakugen-speech1:20171126114335j:plain

 高杉晋作は、長門国萩城下菊屋横丁(現在の山口県萩市)に長州藩士である高杉小忠太の長男として生まれます。

 柳生新陰流免許皆伝の剣の腕前もありました。

 嘉永5年(1852年)に、藩校である明倫館に入学します。

 そして、安政4年(1857年)に後世に語り継がれる、吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに松下村塾四天王と呼ばれます。

 万延元年(1860年)に、防長一の美人と言われた、井上平右衛門の次女である「まさ」と結婚します。

 文久2年(1862年)には藩命で、幕府使節随行員として中国の上海へ渡り、清が欧米の植民地となる実情を見て、海外との関係に大きな影響を受けたとされます。

 帰国後、新の実情を目の当たりにした晋作は、海外(外国人)を日本より追い払おうと、桂小五郎(木戸孝允)や久坂義助(久坂玄瑞)らと共に尊攘運動に加わります。

 文久3年(1863年)、幕府が朝廷から要請されて制定した攘夷期限が過ぎると、長州藩は関門海峡において外国船砲撃を行いますが、逆にアメリカ、フランスの報復にあいます。

 これを、下関戦争と言います。

 晋作は、下関の防衛を任せられ、身分にとらわれない志願兵による「奇兵隊」を結成します。

 同年8月には、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの4カ国連合艦隊に、下関を砲撃され、砲台が占拠されてしまい、その責任を負い晋作は、下関防衛の任を赦免され、和議交渉を任されます。

 尊王攘夷を推し進める長州藩に、幕府軍が襲い掛かる第一次長州征伐、第二次長州征伐に奇兵隊を率いて応戦し、幕府軍を破ります。

 新作はこの時すでに、病気(肺結核)となっています。

 幕府による長州征伐後、晋作は、療養をしますが、慶応3年(1867年5月17日)に、病に負けて死去します。

享年29歳でした。

 長州一藩に敗れた幕府の権威は失墜し、慶応3年(1867年)に大政奉還します。

 晋作は、大政奉還を見ることなく、死去してしまいます。

 もし、大政奉還後も晋作が生きていたら、幕末はもっと変わっていたと思います。

坂本龍馬や西郷隆盛も死ぬことが無かったのではと・・・

 人望もあり、賢く、説得力や行動力もある高杉晋作は、桂小五郎や大久保利通よりも、優れた人材であったと思っています。

 

 

最後に、この名言(格言)、辞世句を、結婚式の挨拶、朝礼、昼礼、スピーチ、会議、雑談、豆知識、ちょっとした話に利用してください。

きっとスピーチが苦手な方でも、スムーズに話せ、相手の印象に残る挨拶となるはずです!

今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m